引越し時の対応

挨拶

引越しをする前・した後には近所の方に挨拶をする方は多いのではないかと思います。家族での引越しならほとんどの方がするでしょうし、単身での引越しでも引越し先が社宅だったり会社所有の住宅の場合、やはりする方が多いのではないでしょうか。

ですが単身での引越しの場合、特に女性は挨拶はしないほうがいい、という意見も多いです。防犯の観点から見ると、女性が一人で住んでいるというのは周りに知られるのはいいことではありませんし、女性でなくても民間の単身向けの賃貸アパートやマンションに住む場合は周りも単身の方が多く、仕事などで不在の場合が多い事からあまり挨拶をされる方は多くないようです。

このように挨拶一つとっても単身か家族か、住む場所や性別によって異なるものですが、ここではそういったことは関係なく挨拶をする場合についてお話していきますね。

挨拶をする場合、旧居では出来れば引越し2、3日前には済ませておきましょう。引越し当日はトラックの出入りや荷物の搬出でどたばたしますから、挨拶の時にはその旨を伝え、お世話になったことに対してお礼を言います。

そして新居で挨拶をする時は、荷物の搬入が終わった後当日か翌日までに挨拶は済ませておきます。そのときも引越し時の騒音に対するお詫びと、今後お世話になることを告げ、おしまいです。

そして挨拶の時に持っていく品ですが、これは大体500円程度のもので消えものか消耗品がいいでしょう。あまり嗜好性の高いものではなく、万人受けする定番品のほうが適しています。またのしですが、旧居で渡すものはありでも無しでもどちらでも、ですが、新居で渡すものは名前をおぼえてもらう為にもかけておいたほうがいいです。

Copyright © 引越し見積もりナビ. All Rights Reserved.