引越し手続き

住民票

引越しをする際に、必ずしなくてはならないこととして『住民票の移動手続き』があります。

住民票の移動手続きを行わなかったら、引越し先のいろいろな公共サービスを受けることが出来なくなりますし、運転免許書など各種証明書も住所変更が出来ず、使用しにくくなってしまいます。

なので引越しが決まったら、できるだけはやく役所に行って住民票の移動手続きを行わなくてはなりません。

ですので、その方法ですが、住民票の移動手続きは旧住所の役所では『転出届』というものを出すことから始まります。この転出届とは、この住所から転出しますよ、というものでこれを旧住所で出すことで住民票が移動できるようになります。

転出届の出し方は役所で窓口の人に聞けば教えてくれますので、『引越しをする事になったのですが』といえば適切に対応してくれます。なのでまず役所に行ったら総合窓口に行って引越しをする旨を伝え、担当の窓口まで案内してもらいましょう。そして担当の窓口に行って、そこで転出届の手続きを行います。

また、役所に行く際に忘れず持っていくものとして、身分証明書、印鑑、国民保険に加入している人は国民保険証、乳幼児がいる方は乳児医療証、そして引越し先の住所が分かるもの(メモでかまいません)があります。これらはその場で必要なものですので、忘れず持っていくようにして下さいね。

そして手続きが終わったら転出証明書をもらいますので、これはなくさないよう大事に保管しておいて下さい。転出証明書は新居の役所で転入届を出すときに必要ですので、なくしたら大変です。

Copyright © 引越し見積もりナビ. All Rights Reserved.