引越し手続き

学校

義務教育を受けているお子さんがいる場合必要になるのが、学校の転出・転入手続きです。市立の小学校、中学校に通っている場合、引越しの際の転出・転入は役所と学校で手続きを行うことになりますので、まずは出来るだけはやく役所に行って手続きを進めましょう。

はじめにする事は転出の手続きです。転出の手続きとは、この学校から転出しますよ、という手続きで転校する際には必ずしなくてはならない手続きです。方法は、その学校がある地域の役所に行って、まず住民票の移動手続きを行います(この方法は後ほど別の項で詳しくお話しますね)。そしてその後に転出する学校に行って、転退学の届出をします。

手続きをした時に転出する学校から就学児童生徒通知書、教科書給与証明書、在学証明書をもらいます。この書類はとても大事なので、なくさないようにして下さいね。ちなみに担任の先生への報告ですが、引越しが決まった後上記の書類をもらう手続きをする前に言っておいたほうがいいでしょう。同じクラスの生徒への報告や今後の確認もありますし、できるだけ早くしておきましょうね。

そしてこれらの書類をもらったら次は新しく通う学校の手続きです。

まず新住所を管轄とする役所に行き、転入届を出します。そのときに前の学校でもらった書類を提示して、これから入学する学校を教えてもらい、転入学通知書を受け取ります。その後に転入する学校へ行き、転入学通知書を含む書類を提出して必要な手続きを進め、実際に通うことになります。

この転入先の手続きは、役所によってやり方が違うこともありますので引越し前に役所に電話かメールをして方法を確認しておくといいかと思います。手続きが遅れてしまうとその期間学校へ通えなくなってしまいますので、出来るだけスムーズに出来るよう事前によく調べておきましょう。

Copyright © 引越し見積もりナビ. All Rights Reserved.